印鑑の種類

イメージ画像

印鑑には、いくつかの種類があります。
日常生活の中で一番よく使う印鑑は、「認印」ではないでしょうか。
宅配便が届いたときに押したり、伝票に押したりするものが認印です。
三文判と呼ばれることもあるもので、一般的には実印や銀行印よりも一回り小さな印鑑になります。
気軽に押すことの多い認印ですが、捺印には責任が発生しますから注意が必要になります。

次に、銀行印について説明しましょう。
銀行印は、ほとんどの人が必ず一回は使うものです。
金融機関で口座を開設するために必要になりますから、誰でも銀行印を持っているのではないでしょうか。
口座の開設以外にも、金銭の出納に必要になります。

印鑑の種類はまだあります。
公正証書や不動産取引などに必要になってくる印鑑は、「実印」になります。
実印は、市区町村の役所や役場に登録しなければいけません。
印鑑登録の申請をして、受理されたものが「実印」と呼ばれる印鑑になります。
欠損や摩滅している印鑑は、申請をしても受理されないため注意が必要です。
サイズも、8ミリ以上25ミリ以内と決まっており、どのような印鑑でも登録出来るわけではありません。

代表的な印鑑は、この三つの印鑑になるでしょう。
この三つ以外によく使う印鑑は、「訂正印」と呼ばれるものです。
訂正印とは、帳簿や伝票などの誤りを訂正する際に使用するものです。
記入した文字に誤りがあった場合、誤りがあった部分に二本線を引いて、訂正した人物の名前が入った印鑑を押します。
一般的に、5ミリ~6ミリの印鑑を訂正印として使用します。

このページの先頭へ